Play(あそび)

             色々な遊びを提案したり報告します。誘います!

                               TRAIL RIDE2018~2019  No.1

2018年11月10日(土)7:45~11:00   晴れ 気温11℃ 

シクロクロス富士山が終了し、各方面への報告も済んだし、ホッとしたのとリフレッシュを兼ねてトレイルライドへ。紅葉もそろそろ見納めとなるであろうこの時期、このエリア。いくつかのスリリングな個所もあって楽しい。今日は小生も含めて3名のライド。森の中から始まり次第に落葉樹の中を行く。シングルトラックの右側は岩肌、左は谷というルートではあるが楽しい。ガレ場も数か所表れるが降車して安全確保。1人はビギナーなので特に配慮する。難儀なエリアをクリアしてからは初心者も楽しさを満喫。富士山も雲から顔を出したり隠れたり。昨日の雨が雪だっただろうか積雪の白さが厚みを増したようだ。休憩は2回ほど取ってマッタリとした紅葉ライドを楽しんだ。冬でも楽しめるルートなのでまた来よう!

信州峠チャレンジ 秋

2018年9月17日(月)敬老の日

例年夏のお盆に行っていた真夏の修行「信州峠チャレンジ」は殺人的な酷暑のため中止、ようやく暑さも収まった9月17日に再チャレンジ。当日まで天気予報に一喜一憂しながら当日を迎える。以外にも天気はすこぶるいい!予定通り5:00に芝川のファミリーマートをスタート。富士川左岸(身延線沿い)を行く。身延町の波高島駅までクラブの若手がトレーニングも兼ねて先頭を引いてくれた。波高島より富士川を右岸に渡り52号を行く。良いペースで最初の休憩「鰍沢」に着く。今回は3人と少ないメンバーだったがそれが功を奏してペースも安定し結果、予定より早い。休憩もそこそこスタート。やや向い風だが前半に若手が引いてくれたおかげで休めたので問題なく進む。韮崎通過7:53(73.3km)。夏は韮崎の市街地を抜けると右折し明野の「ひまわり畑」に寄るのだが、今回はひまわりも終了しているのでそのまま直進。須玉インター手前で2回目の休憩。81.3km(8:15) ここを右折し塩川ダムを目指す。勾配も少しづつきつくなった様だがそれ以上にホイールが重く感じるほどペースダウン。大ブレーキとなる。やっとの思いで塩川ダムに、ドリンク補給。96km(9:45)

さあ、ここからが正念場。信州峠頂上目指すがペースは相変わらずブレーキがかかったまま。頂上手前3km地点で他のメンバーが瑞牆山の写真を撮るためストップするも自分はスルー。すぐに追いつかれそのまま置いてかれる。命辛々信州峠着105.6km(10:04)。ここからレタス畑の中の直線道路を一気に下る。至極の幸せも一瞬で終わり、野辺山までの地味な上りを含めた向かい風にトドメを刺される。ようやく野辺山に着きこれから下りとの安堵感からか少し余裕ができた。清里から清里道路を進み大泉のコンビニで昼休憩130km(11:30)。ハンガーノックが心配だったのでガッツリ食べたがこれが良かったようだ。十分な休憩と食事により心身ともに回復、またしばらくの下り基調のコースプロフィールにも助けられる。長坂IC前を通り、日野春駅前を通過し20号の武川へ。ここからは春のTRY300を逆に走る。そのまま順調に進んで17:00ちょうどにスタート地点の芝川着。230km

今回は気候も良く気持ちの良い秋のサイクリングを楽しめた。来年からは秋???                  

      TRY300-2018 富士宮~糸魚川270km

5月12日(土)3:50「富士山本宮浅間大社」大鳥居前に参加者集合、スタート前のミーテイングの後薄暗い中、富士山と大鳥居をバックに集合写真。暗い中でも富士山がしっかり見えることは稀で、今年の天気の良さと参加者の心掛けの良さを感じる。また、今回はスペシャルな参加者「辻浦圭一氏」。本人は競技の一線を退いてからはロングライドは全く走っていないので不安もあったようだが、持ち前のバイタリティーとスキルで4月の「あずみのセンチュリーライド」150kmを完走し自信が戻った感じで私の口車に乗ってくれた。今年のテーマは「生かさず殺さず」。辻浦氏を含む参加者全員の完走が目的である。

定刻4:00スタート。気温は予想ほど低くないがレッグカバー、ウインドブレーカーは着てスタート。参加者は67歳から38歳迄と年齢層は幅広く平均年齢はナント、53.5歳!驚きである。今年は比較的若者である35歳のメンバーが第1休憩地点までの57kmをアシストすると言って先頭を走るが、これが年寄りには辛い。たまらず隊列は3分割となり其々のパックで進む。CP1には予定よりほんの少し早く6:24に山梨県鰍沢着。みなさん元気。辻浦氏生きてます。20分の休憩後白州道の駅に向けてスタート。しばらくは旧52号(現 県道42号)を進み途中から県道12号へ。右下に富士川(釜無川)を見ながらのアップダウンを進み円野で国道20号に合流。ここから白州までの8km程がの登りがあり、辻浦氏失速。命からがら白州に8:43着。深夜に東京を出て3:00に富士宮に着いた体は寝不足で辛そうだ。他の参加者は60代の3名は恐ろしいほど元気。ここでサポートのバスと合流する。ここからは何かのトラブルの際や体調不良の際も収容できるので安心感が増す。25分程休憩し次のポイント諏訪湖へ向けてスタート。ここからも長野県に入るまでは細かなアップダウンを繰り返し県境からか富士見峠まで登るなかなかハードな区間。各自マイペースで走るが前方のパックはそこそこのペースで進んだそうだ。諏訪湖直前で緊急地震速報のけたたましいアラームで一瞬怯む。何事もなく諏訪に到着。誰一人、揺れは感じなかったようだ。10:50。

少し長めの休憩でしっかり補給食を摂り、11:20出発。諏訪でちょうど中間地点である。まだ半分.... 塩尻峠は最初のみ勾配はきついがイーブンで登ればさほど苦労はしないと思っていたら小生、まさかのペースダウン。差を開けていた後ろの辻浦氏に一瞬に置いて行かれる。塩尻からは交通量の増えた19号を松本市内を抜け明科から県道51号で池田町へ。池田町セブン着13:42。この区間例年だと風が強く苦しいしか記憶に無かったが今年は風もほとんどなかった。14:12白馬に向けてスタート。まもなくペースが全然上がらない自分になり、大町でようやく先頭グループに追いつくも直ぐに千切られてからはパワフルな66歳の方と一緒に命辛々白馬にたどり着く。16:00着。辻浦氏を含む他のメンバーもすこぶる元気でパワフルだ。時間も迫っているので休憩もそこそこに糸魚川に向けて出発。参加者全員、気持ちは高揚しているだろう。残念ながら1名だけ白馬でタイムアウトとなりバスに回収となる。しかし、体の故障も抱えながら頑張ってくれました。白馬からは下り基調でもトンネルの連続で、おまけに路面は細かな振動が多く気が抜けない。最後のトンネルを抜けるとほぼ平坦となり安心する。残り10km弱、もはや削る命も残っていない程疲れ切って糸魚川駅着。17:50.先頭パックに遅れること10分。なんとか完走できた。記念撮影後は早々にホテルに入って夜の第2ステージに備える。第2ステージは例年どうり楽しく美味しい時間を全員で楽しみました。

翌日は皆さん早くから動き出す。(さすが平均年齢の高さを感じます)いつもは朝食後海岸の方までみんなで散歩するのですが、生憎の雨で散歩は中止、その分帰りの身支度(自転車のパッキングなど)を前倒しで行って9:30、早めの出発。20分程の所にある能生マリンドリームに立ち寄り、参加者全員でズワイガニを食べ放題食べて帰路に着く。

今年はかつてないほどの天気に恵まれ充実した2日間でした。そして来年は記念すべき20回目となります。参加者はすでに来年に向けて盛り上がっています。

参加者のみなさんお疲れ様でした。そして、円滑、安全な運営にご協力いただきありがとうございました。

5月12日4:00 富士山本宮浅間大社スタート~県道10号~山梨県身延町波高島~国道52号~鰍沢ローソン 57.1km

鰍沢~県道42号~県道12号~円野国道20号~白州道の駅 100km

白州~20号~富士見峠~茅野~諏訪湖(タケヤ味噌)138km

諏訪湖~塩尻峠~国道19号~松本市内~明科~県道51号~池田町セブンイレブン193km

池田町~大町~国道148号~仁科三湖~佐野坂~白馬森上セブンイレブン 228km

白馬~糸魚川駅272km


   MTB Winter Snow Ride &試乗会

             2018年1月27日(土) -5℃ 快晴

今回のMTBライドはあさぎりフードパークと東京サンエス(株)の協力を得て快晴の下、楽しむことが出来ました。しかも極寒!

9:30にフードパークをスタートして2kmほどのアプローチ。顔が冷たいというより「痛い」。少しづつからだが温まりかけた頃にオフロードの入口へ。ワクワクしながらスノーライド開始。極寒が功を奏してかサラサラ、フカフカのパウダースノー。ただし雪質最高!と喜んでもビギナー参加者にはチョット辛い。が、これも運よく1台の車の轍があり、圧雪、バージンスノー両方を楽しめることとなる。3km程の比較的平坦なトレイルの後はバージンスノーの緩いダウンヒル!秋には快適なダウンヒルも深雪となると少々キツイ。下りもパワー全開でないと進まずストップ!雪の下の切株や岩に気づかずちょっとヒヤッとするけどそれもまた楽し!そして3つ目のトレイルは細かな上り下りと連続するコーナーが続くシングルトラック。バージンスノーでも深くはないのでグリップもして楽しさは一番!シングルトラック後半に少し遅れた後続を待ちながらストーブで湯を沸かしコーヒータイム。休憩の後は残り2kmほどを楽しみ終了。今回のスノーライドには辻浦圭一氏が同行してくれて気さくにユーモアを合わせながらエスコートしていただきました。砂や泥ばかりでなく雪も「帝王」の走りでしたね。また、試乗用に用意してくれたRITCHEY,  ONEBYESU(JFF), SOMA,のMTBやシクロクロスの特徴や性能を解り易く説明してくれて解散の瞬間まで楽しい一日を過ごすことが出来ました。参加者のみなさん、おつかれさまでした!

東京サンエス(株)  あさぎりフードパーク  JFF(onebyesu)       RITCHEY      SOMA 



X'masRide2   (panoramaRide)

2017年12月23日(土) 天気 晴   気温 start-1.5℃

7:30に店をスタート、相変わらず寒い。予報では今日から寒さも緩むはずだったが厳しい寒さでアプローチが始まる。途中の蓮の花の池も結氷していた。オフロード取付きまでのアプローチは登りが続くため体は徐々に温まって来るが指先、つま先は逆にどんどん冷えて来て痛みを感じるようになる。約12kmのアプローチで林道の取付きに到着。峠の先の林道延長工事のためダンプが林道を行き来するので踏み固められ走り易く、調子抜け。今まではガレた不安定な林道だったのに。林道の登りは3㎞程、幸いにも峠から先は古いセミシングルトラックはそのままで、延長の林道は別ルートのようだ。下りのルートは部分的に水が出た跡が掘れていて気を抜けない。また、ライダーも皆無なので浮石などがあり、それはそれで面白い。6km近くのスリリングな下りを楽しんで一旦、渓流沿いの舗装路を下る。ただし、日が当たらない事と、冷気が溜まっているところをそこそこのスピードで下ったので体が、特に手足が一気に凍り付いた。次のエリアまでは9.5kmのアプローチ。入口まで残り2.5kmは登りなので体を温められる。ここからは尾根のアップダウンを楽しみます。360°のパノラマコースはメチャクチャ楽しく素晴らしい!そして里までテクニカルなシングルトラックが2km。一部藪漕ぎもあり中々ワイルド。里をのんびりポタリングしながら最後のシングルトラックへ。2.5kmながらそこそこのスピードを楽しめる楽しいルートをこなして終了。今回は3名と少なかったのですが4時間30分を思いっきり満喫しました。

次回は年明け1月後半の予定。スノーライド???乞うご期待!

走行距離 45km  獲得標高1300m

MTB X’mas Ride 2  2017年12月23日(土)

今回は林道を峠越えして反対側はセミシングルトラックの下り。次のエリアはパノラマトラックを楽しんでシングルトラックの下り。最後はデザート的なシングルトラック(ショート)を楽しんで終了です。

最初のアプローチと各エリア間は舗装路を移動しますが、田舎の原風景を楽しめるサイクリングでもあります。今回はMTBをお勧めします。参加希望者はメールにてお申し込みください。

2017年12月23日(土)VIENTO 7:30集合出発。12:00終了

Winter Trail RIDE 1 2017年12月2日(土)晴/曇

11月のトラブル多発によって完食出来なかったルートも含めて再度チャレンジ。天気は快晴の措定が曇時々晴と言う感じ。寒いけど徐々に温まってくる。ロードと違ってスピードも遅いので丁度良い感じになってくる。今回もシクロクロスBIKEでのチャレンジャーも参加。紅葉はとうの昔に終わり落ち葉のサクサクが心地よい。ただし。油断すると隠れている岩や木の枝にすくわれそうになる。下りのエリアではつい調子に乗って下ってしまいそうになるが初心者もいるので安全に。ハイカーもいるので注意する。3番目のエリアが今回のメイン料理。イージーでテクニカルなシングルトラックで小さく、程好くアップダウンが続く。最後にデザート的に朝霧高原の中をゆったりダウンしながら終了。フードパークでティータイム、体を温めたかったので#HOTMILKは50歳代の2名、他3名はソフトクリーム系を。

では、次回をお楽しみに!

モーニングライド 市内滝巡り 2017.11.12(日)

今週のモーニングライドは市内の滝をオンロードサイクリング。秋も深まり今朝は冷え込みました。大石寺の裏手から畔道に近い道を抜け、下馬桜を経由してまずは朝日滝。先月の台風や長雨で水量が豊富で中々の迫力。平成の棚田を登っていくと金色に光る弘法大師像が富士山と対峙していました。中々の大きさでお初にお目にかかりました。そこから白糸の滝、音止めの滝は隣接しています。白糸の滝は右肩から見下ろすポイントと土産物店通りからのポイント。画像は土産物店通りからです。音止めの滝は土産物店を過ぎて空き地になった辺りからがおススメ。

そして、陣馬の滝までは猪之頭まで暫く上ります。夏は賑やかですがこの時期になると人もまばら。紅葉も終わりに近づいています。今日はここまでで、帰りは下るのみ。ウインドブレーカーを着てのんびり下ってきました。

次回は再びMTBで。雪が降る前に先週の食べ残しを食べておかないと.....

      紅葉&樹海トレイルライド2017.11.5(日)

今日の朝霧高原は冷え込みましたが天気は最高です。この3連休は天気に恵まれ小生自身もロードサイクリング、シクロクロストレーニング、そして今日のMTBライドを満喫しました。紅葉真っ盛りのトレイルは錦のトンネルを進んで木陰から漏れる日差しが暖かく心地よい。最初のルートを抜け一旦舗装路を。途中の展望台で小休止してその後セカンドセクションの下りトレイルへ。落ち葉をザクザク踏んで気持ちよく下っていると....Rメカ&ハンガーが即死。おまけにチェーンはねじれスプロケットの歯先まで変形。三重苦、四重苦のありさま。ながら、凹んでいてはつまらないのでみんなでワイワイ、ガヤガヤと無責任に明るくエマージェンシーレスポンスの講習会に。良い経験にを積んだ濃いトレイルライドでした。

そうそう、トラブルもう一件、チェーンの折損。これは日頃のメンテナンスの怠慢に尽きますね。なんせ18年チェーン交換していなかったようなので...

年内にもう一度やります!

                                       MTB 紅葉&樹海RIDE

2017年11月5日(日)8:15あさぎりフードパーク駐車場集合 8:30~12:00

9月の「辻浦圭一とRIDE」は雨のため残念ながら中止となってしまいました。今回はそのリベンジ!予報も「晴れ」!紅葉のトレイルと神秘の樹海を一緒に走りましょう。参加費などは一切ありません。各自、水や行動食など準備してください。また、参加希望者は念のため連絡ください。その他不明な点などありましたらお問い合わせください。

           朝霧高原トレイルライド

シクロクロスバイクでもマウンテンバイクでもそして初心者でも楽しめるトレイルライドを計画しました。このライドのアテンダントはMTB、シクロクロス界のレジェンド「辻浦圭一氏」!楽しくてためになるトレイルライド間違いなしです。

2017年9月16日(土) 9:00  あさぎりフードパーク駐車場集合

朝霧高原を楽しくライドしてスキルアップ!神様と走れるチャンスは滅多にありませんよ!参加希望者はメールにてお申し込みください。詳しい内容については追って連絡いたします。

募集人員  10名 (安全に楽しむため人員を制限させていただきます)


月例モーニングライド 2017.6.10(日)

ビギナーからナイスミドルな紳士まで、またバリバリのアスリートまでバリエーション豊富なメンバーが揃った月例ライド。今回も市街地は避け市内東部を周ってから北西方面に徐々に高度を稼ぎながら田貫湖、朝霧高原まで。参加メンバーには「マニアックなルート」と呼ばれて、それが絶賛なのか皮肉なのか、、、。交通量の少ない静かなルートをガイドしたつもりでしたが。

梅雨入りしたものの、幸にも雨には降られず晴れ間ものぞき、寒からず暑からずと気持ちの良い中を4時間弱のサイクリングで締めは定番の「ティコ」でソフトクリームです。午後からの仕事に鋭気を養うことが出来ました。

TRY-300 2017   2017.5.13~5.14

3週間もたってからの報告となりました。今年のTRY300はツーリングというより「修行」でした。この時期としては珍しくスタートから気温が低く体温が上がらない。雨脚も次第に強まり一向に止む気配がなく心身ともに疲弊していく。タイムアウトギリギリで白州に到着。休憩もそこそこに諏訪を目指すも頼みのエンジンは空回り、シャーシーもガタガタとなり'50sのオンボロ車はここでOUT!サポートのバスの中で徐々に「挫折感」に襲われてくる。結果、今年の完走者は過去最低の50%。逆にあの条件下での完走には感服し、心から尊敬します。

参加者のみなさん、サポートの方々お疲れ様でした。そしてありがとうございました。

その夜と翌日は例年通り、大いに新潟を楽しみました。 また、来年!

TRY-300 富士宮~糸魚川275km 

2017年5月13日 4:00 START

天気予報は雨。それもそこそこの降りらしい。心掛けのせいか3年に一度は降られるような気がする。最近は雨も気にならなくなってきたけど、それでも降らないに越したことはない。レインジャケット、レインパンツは鬱陶しいし、オイル切れは起こすは、パンクは多くなるはで、、、。

今年はサポートメンバーも合わせて16名。さてさて、どんな旅になるでしょうか?

GWモーニングライド  2017年5月4日(木)

今回もロードサイクリングです。車種は問いませんので気軽にご参加ください。今回は50~60kmを目標。ただし、ゆるいのんびりしたサイクリングです。前回同様、アイスクリーム又はおやつ休憩は必須ですね。

7:30 VIENTO集合、出発。午前中にて終了します。

今回は朝霧高原方面を予定しています。気持ちの良い高原ライドを楽しみましょう。

雨天の場合は中止します。

2017年5月4日(木)みどりの日

今年のGWは天気に恵まれています。気持ちの良い「五月晴れ」気温もさほど上がらず、風は気持ちい。今回は4人の人生のベテランとサイクリング。全員「おじいちゃん」いや、失礼50歳の若者もいました。

今回のモーニングライドは富士宮を東へ西へとルートを取り朝霧高原の「あさぎりフードパーク」まで。坂の多い富士宮、勾配を出来るだけ抑える頭脳的プレーで年齢に優しいサイクリングとなりました。猪之頭からの139号は「芝桜」目的の観光客で大渋滞でしたが、イライラしているドライバーをしり目に横をのんびりスイスイ。無事に「フードパーク」に到着。目的の一つの「あさぎり牛乳ソフトクリーム」を賞味しているとナント!焼きたてPIZZAの差し入れが、、、。「あさぎり牛乳」さんにはシクロクロスていろいろお世話になっていたので顔見知りの特権??程よい運動の後にちょうど良いタイミングでPIZZAが食べられ参加者も大満足なモーニングライドとなりました。

休憩後は朝霧高原内をジグザグに走って徐々に下って終了。店でコーヒー淹れて休んで解散。満足な午前中でした。

あさぎりフードパーク

*あさぎり牛乳   ソフトクリームや限定牛乳、ケーキなども。店舗前ではPIZZAやソーセージなども焼きたてです!

*上野製菓   まんじゅうが絶対おススメ!中のあんこが美味しく半端ない量が入ってます!

*富士正酒造  名の通り日本酒の蔵元。「げんこつ」は辛口で飲みごたえがあります。

*富士園   日本茶をはじめ、日本茶を使ったお菓子なども豊富にあります。

*レストラン ふじさん   ビュッフェレストラン。地元の食材を使った豊富な料理が時間内で食べ放題。ランチに!

*かくたに  さつまのお菓子が豊富です。おやつにもお土産にも。 

サンデーモーニングライド 2017年4月23日(日)

今回はオンロードサイクリング。もちろん自転車の車種は問いません。午前中の2~3時間一緒に走りましょう。今回もビギナーズサイクリング。交通量の少ない走り易いルートをセレクトします。

8:00 VIENTO集合、出発。 11:00頃終了予定。

*雨天の場合は中止です。

==========================================================================================

4月23日(日)

天気はまあまあの晴れ。ただ、風が冷たい。今回は8名でサイクリング。小生おススメの田舎の原風景をご案内しました。富士宮市は富士山のすそ野、必然的に坂が多い。今回はビギナーズライドのため、特に乗り始めて1週間の若者もいたのでできるだけ負担の少なく、楽しめるようにと。ベテランのサイクリストも参加下さったが、「物足りないのでは?」と思っていたら、そこはさすがベテラン!ホローしてくれて若者も楽しそうでした。

ルートは富士宮市の西側、旧芝川町を中心にのんびりと34km、2時間半ほどのサイクリングを楽しみました。途中休憩も兼ねて評判の良いソフトクリーム屋さんで5月の「TRY300」の話題や諸々。この店、知る人ぞ知る的な店で味、価格共に満足。他にもから揚げが1パック100円とか焼うどんが150円など。クレープも250円で空腹も助けられます。

このコース、これから田植えに始まり稲が大きくなり稲穂が実り、稲刈りへと季節ごとに移り変わる景色の中のサイクリングを楽しめます。

MTBモーニングライド 2017年4月10日(月曜日)

平日の月曜日ですが朝霧高原でMTBライドしましょう。コースはビギナーが十分に楽しめるコースをご案内します。さすがに暖かくなってると思いますが...3時間程度のコースです。

集合場所/時間  あさぎりフードパーク / 8:00  *雨天の場合は中止

ヘルメット、グローブ、予備チューブなどは各自持参ください。

不明な点などありましたら気軽にお問い合わせください。

==========================================================================================

4月10日(月)

先週から続く雨で中止かと思われていましたが、この日だけ天気が回復。走ることが出来ました。快晴とはいかないまでも薄日が差す程度でしたが、気温もそこそこ。また、前日までの雨でコースコンディションはマッドを覚悟していましたが、心地よいコースコンディションで参加者も楽しんでくれましたね。今回は3名のビギナーズを案内しましたが満足してくれて案内した甲斐がありました。のんびり走った16.5km、2時間30分のモーニングライドでした。


MTB 天空ライド 2017年3月19日(日)

富士宮市内某所周遊30km

春を感じられるようになったのでユーザーを誘ってのMTBライド。昨年の秋からはシクロクロスに重心を置いていたので久しぶりのMTBライド。と言っても1~2時間のお手軽なトレイルは気分転換に走ってはいたものの仲間と走るのは久しぶり。そしてこのトレイルは㊙お気に入りコース。1名はビギナーで特に下りはまだまだ慣れないため慎重に。アプローチやリエゾン区間は舗装路がメイン。メインディッシュの天空ラインは富士山も正面に見え最高!春霞によりシャープさには欠けるが春ならではの柔らかい富士山で良い。最高地点は460mで稜線のススキのスカイラインはまさに「天空」。下りはややテクニカルなシングルトラックが下界の生活道路に合流するまで続く。

周辺の集落をポタリングしながら締めのシングルトラックへ。ここは初心者でも楽しめる森のコース。ここは短いが数本のトレイルがありいろいろ楽しめる。午前中の3時間強でリフレッシュして仕事する、効率の良いライドでした。


2016年11月20日(日)MTBトレールライド 

あさぎりフードパーク周辺12km

紅葉真っ盛り(今年は遅い)の中、のんびり楽しく走りました。前半は一部コースが狭かったり桟道が掛けてあったり、ガレてたりしてますが、中間からは気持ちの良いライドが満喫できました。冬でもおススメのコースで2~3時間のライドは丁度いい。午前中にチョット一走りも良いですね。終わったらフードパークでソフトクリームや大福、まんじゅう食べてほっこりしましょう。

          富士山1周サイクリング 

9月19日(月、祝)に富士山1周のサイクリングを行います。コースは国469号を「こどもの国」、十里木を経由し御殿場へ。138号を籠坂峠越え山中湖。河口湖、西湖を回り139号を富士宮方面に道の駅から左に折れ、人穴を経由してスタートのVIENTOまで。ただし、天候や参加者のコンディション次第でコースの変更もありますのでご了承ください。初めてのロングライドには良いチャレンジになると思います。

2016年9月19日(月、祝)

7:30 VIENTO集合出発

15:30帰着予定

雨天中止(小雨でも)*当日の朝、雨のため中止となる場合は参加者にメールで連絡いたします。

参加希望者はメールにてご連絡ください。

                                           2016.9.13


MTBエンデューロ初体験!

7/23,24で行われた「野沢OPEN]MTBエンデューロに初参加。15年程前にはダウンヒルに夢中になったこともありましたが、、、。最近注目されているエンデューロはダウンヒルほど過激でなく、コースも「楽しい」と思えるプロフィール。リジットバイクでも下れし、何と言ってもゴンドラで上まで行って楽しく下れるが「最高」。今回は全てにおいて過激な仲間と参加してきました。めちゃくちゃ楽しくて、一足早く【イイ夏休み」を過ごしました。

                    「信州峠チャレンジライド」

芝川~52号~韮崎~北杜市(ひまわり畑)~塩川ダム~信州峠~川上村~野辺山~韮崎~52号~芝川(240km)

期  日 8月16日(火)

集合/出発 4:50/5:00

*雨天中止(天候が大きく崩れると予想される場合は前日に中止の連絡をいたします)

厳しい暑さも予想されますので、自己管理の出来る方の参加を希望します。あらゆる事故やトラブルに関しても自己責任でご参加ください。参加希望の方はメールにてお願いします。

mail    c.viento@nifty.com

2016年8月16日

前夜の激しい雨も上がり、5:00に薄曇りの中、気持ちいい早朝サイクリングから始まる。第一休憩ポイントまでは40km、順調なペースで進む。少し早めの休憩ポイントは韮崎でこの頃から日差しが強まり気温も上昇。韮崎からひまわり畑(明野フラワーパーク)まで一気に登り、同時に体の水分がどんどん蒸発していく。ひまわりを見ながらブルーベーリージェラートで水分&カロリーを補充。次の休憩ポイントの塩川ダムまではアップダウンを繰り返しながら、じわじわと高度を稼ぐ。ダム湖を渡りいよいよ信州峠へのヒルクライムが始まる。平均勾配が9%を超える登りに心が幾度折れそうになった事か。標高1400m、散りじりバラバラに峠をクリア。ここから幾度かのつづら折りを過ぎてからレタス畑の真ん中のダウンヒルは圧巻。登りの苦しさを忘れられる一時です。ただし、トラクターが多いので注意!後は野辺山を回って人ごみの清里を避け、高根でランチ。味、ボリューム、値段が満点の普通の食堂の名は「観音坂食堂」

腹ごしらえも済ませ、あとは帰路に着くだけだが、川上村~清里のさわやかな高原サイクリングから灼熱のサイクリングへは体が順応する前に標高が一気に下がり、体が着いていかない。小まめな水分補給と休憩が必要。韮崎からは往路と同じルートを通ってスタートの芝川へ。18:00に230km無事全員完走。今回の参加者は7名、中でも自転車を初めて3か月の若者は来春のTRY300へチャレンジ!

参加者のみなさん、お疲れ様でした。

          ナショナル 懐中電灯

新品のオリジナル品!この懐中電灯(あえてこう呼ぶ)から改良され、進化し「探検ライト」になったと聞く。ツーリストにはたまらない一品です。パッケージの箱も超美品!専用ステー付き。

遊び心満点!